業界情報

業界情報

業界情報

[10月11日まで]「アイディアを形に!」子どもの自由製作✕プログラミング【embot アイデアコンテスト】

”小学生たちに『プログラミングのスキルを用い、アイデアを形にする”デジタルなモノづくり”に挑戦してもらいたい』”という想いから、embot アイデアコンテスト2020実行委員会主催のコンテスト「embot アイデアコンテスト2020」が開...
News

新たな学び「スマホ持込の授業や中学入試」2020年、小学校での情報活用能力

日本初「スマホ持ち込みOK入試」 東京女子学園中学校(東京都港区)は2020年度の入試でスマートフォンを活用して解答してよいという方式を実施しました。2021年度の入試でもスマホ持ち込みOK入試(ICT思考力入試)を選べるようです。...
News

人気!自宅でゲーム作り!【無料体験】プログラミング学習!オンラインレッスンで学ぶ!

新型コロナウイルスによる感染拡大防止をきっかけに始まった習い事などの「オンライン体験」や「オンラインレッスン」ですが、始めてみると実は「送迎が不要で時間に余裕ができた」「遠方で諦めていた教室に通えた」といった良さを実感される声も多いようで...
News

夏休みに子どもにさせたい習い事「英語・英会話」「プログラミング」が継続で人気。オンラインも検討!

コロナの影響でいつもより夏休みが短くなった小学校も多いですよね。そのような中でも習い事の人気は依然「英語」「プログラミング」。今年はオンラインを検討されているご家庭も多いようです。最も多いのは「オンラインとオフラインの両方」各家庭のスタイルに合わせて取り入れられるよう様々なオンラインの内容が登場すると嬉しいですね。
News

小学生はどのような「プログラミング言語」を使う? 「テキスト言語」と「ビジュアル言語」って?

「プログラミング言語」は〝コンピュータプログラムを記述するための形式言語″、一般的には「文字、記号と数字のみ」で記述する「テキスト言語」が知られています。しかし小学校の学習教材の多くは「ビジュアル言語」。これは絵柄や図を並べた視覚的な操作によるプログラミング。「ビジュアル言語」で概念に慣れてから「テキスト言語」を学ぶスクールもあり、小学生でも本格的にスキルを身に付けています!
News

【YES/NO 診断でチェック!】「プログラミング・ロボットスクール」子供に合うのはどのタイプ?

たくさんあるプログラミングスクール!「違いを知りたい!」 2020年に小学校で必修化となったプログラミング教育、2022年、高校では必修科目となり「全ての高校生がプログラミングを学ぶ」ことになります。 今の小学生が高校生になる...
News

【追加募集中】参加無料_さまざまなワークショップが一堂に!「CANVAS オンラインワークショップコレクション」6月28日開催

「ワークショップコレクション」は「未来をつくるプロジェクトを生み出す」(株)CANVASが主催する子供のためのワークショップ博覧会で追加募集のお知らせが出ています! 参加費無料のオンラインイベント!造形や表現、サイエンスやデジタルな...
News

Pick UP!! ーおうちで学ぶ、文章力をみがくー「作文コンクール」

子ども作文コンクール「これまでにお世話になった先生のこと思い出して書いてみよう!」 参照元:公式ホームページ( 募集期間 2020年4月15日(水)~6月15日(月) 「子ども作文コンクール」は公益財団法人 こども教育支...
News

Pick UP!! 小学生が参加できる「プログラミング」コンテスト

2020年度から必修となったプログラミング教育、思考力を身につけることが目的とされていますが、実際には「考える」に留まらず、既に「小学生プログラマー」と呼ばれる子供たちが登場。自ら「必要だと思ったサービス」「自分たちが夢中になる楽しいゲーム」を開発!過去のコンテスト結果には魅力的な作品の数々と立派なプレゼンの姿も。2020年も開催!小学生が参加できるコンテストをピックアップ。今年はさらに新たな取り組みも。
News

Pick UP!! 夏休みに挑戦できる「作品発表・コンテスト特集」おうちで学ぶ、身近な問題を考える。SDGsを考えるきっかけにも?!

新型コロナウイルスの影響で学校やお出かけが限られている中、おうちで調べたり、学んだりしたものをまとめて発表する機会が増えています。子供たちが自主的に学び、身近な問題を考え、伝え、発表する。小学生が挑戦できる「いつもと違う学びの体験」、今回は「海や魚、環境」「リサイクル」をテーマとしたSDGsに関わるコンテストをまとめました。子供たちの様々な可能性や考える力を高めるきっかけとして活用してみてください。
タイトルとURLをコピーしました