【オンライン・ワークショップ】5月28日29日:スクラッチでプログラミング学習に触れてみよう!

開催報告は→こちら

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されました。

プログラミング学習教材「Scratch(スクラッチ)」はアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したプログラミング学習用ソフト。
インターネット上またはダウンロードして無料で使うことができます。
文部科学省のHPでも「小学校プログラミング教育に関する研修教材」として紹介されています。(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1416408.htm)

【始めてみよう!】
プログラミング教材「Scratch(スクラッチ)」を楽しもう!

休校が続く中、気になっていたので始めてみたかった、という方も多いようです。
はじめてだけど、気軽に始めてみたいお子様向け【オンライン・ワークショップ】開催します。

使い方を覚えていけば「オリジナルのゲーム作りやものがたり製作」も可能に!
子供たちがプログラミング学習を通して、創造する一歩になるかもしれません。

はじめてのプログラミング学習☆スクラッチを動かしてみよう!

【初回レッスン:スクラッチを使ってみよう!】
5月28日(木)、29日(金):10時30分~11時、15時30分~16時
※全て同じ内容です。ご希望の回にご参加ください。 
定員:各回4名 対象:小2~小4(目安)※マウス操作ができる方対象です。
参加費:無料
お申込はこちらから→お問合せ(https://manabinohako.com/contact/)

プログラミング学習サービス「Scratch(スクラッチ)https://scratch.mit.edu/」を使用します。
※ダウンロードされる方は事前にお願い致します。
 WEB版を利用される方はパケット容量にご注意ください。
 スクラッチの始め方はこちら https://manabinohako.com/scratch-hajime/

オンラインはzoomでの開催ですのでインターネット環境でご参加ください。
リンク先はご参加の方にお送りいたします。

多言語に対応されており、日本語においては”ひらがな版“として「にほんご」の選択もできるため、子供が一人でも取組めるようになっています。
お子様一人でマウス操作ができる場合は、お子様のみの参加でも構いませんが
オンラインイベントの際はお子様の声の届く範囲にいらっしゃてください。

作ってみるのはこんな作品

最初は動きを覚えながらこちらの作品「海の中」を作ります。
矢印キーでネコを動かして「宝石」を探します。「宝石」に触れると音が鳴ってゴール!
フワフワ動く「クラゲ」やクルクル回る「フグ」のをよけて進んでみよう!

タイトルとURLをコピーしました